読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州サッカー レアル バイエルン アーセナル

欧州選手権(EURO)フランス大会もベスト8が出揃い、開催国フランスや2014年ブラジル・ワールドカップ王者のドイツが順当に勝ち上がりを見せる一方、三連覇を狙ったスペインをイタリアが、名門国イングランドを伏兵アイスランドが下すなどの波乱も起きたのだ。新たなスターも誕生する中、英紙「ガーディアン」では今大会の活躍で評価額を急上昇させた、夏の移籍マーケットでも注目の10人を特集しているのである。 1人目は北アイルランド代表GKマイケル・マクガバン(ハミルトン)。グループステージ第3戦のドイツ戦では枠内シュート11本を浴びながら8セーブを記録している。ファインセーブ連発で失点をわずか1に抑えた実力が高く評価されているのだ。16強ではウェールズ代表にオウンゴールで惜敗したが、英メディアではグループリーグベストイレブンに選出されていたのだ。所属するスコットランド1部ハミルトンとの契約は今季いっぱいだが、記事では「今夏、所属クラブを見つけるのは非常に簡単だろう」と評価されているのである。