読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニス 元サラリーマン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会6日目の2日、異色の経歴を持つ世界ランク67位のJ・ミルマン(オーストラリア)が、夢のセンターコートで第2シードのA・マレー(英国)とのシングルス3回戦に登場する予定だ。


2年前に肩を負傷したミルマンは一時ツアーを離脱、世界ランキングは1,100位台にまで落ち、当時お金を稼ぐために地元オーストラリアのブリスベンでサラリーマンのアルバイトをして生計を立てていた。しかし世界で戦うことを諦め切れず、現役続行を決意した。

そして、2014年は下部大会の慶応チャレンジャーなどで優勝。さらに2015年のブリスベン国際でR・フェデラー(スイス)から1セットを奪う活躍を見せたのだ。同年に初開催された兵庫ノア・チャレンジャーでは決勝でダニエル太郎(日本)を破り、タイトルを獲得したのだ。